あがり症克服の専門家

どうも、ヒデユキです。ゴールデンウィークも近くなって、憂鬱な日々を過ごしています。明日はボクが苦手な会議があるんですよね。それはさておき、あがり症の克服や改善には、コーチングや漢方薬もある程度は有効であることは分かりましたが、あがり症を根本から治すためには、あがり症の専門家に習うのがよさそうです。いろいろ調べているうちに、そういう結論に達しました。あがり症を緩和するアプローチ方法としては、複数の種類があります。しかし、対症療法であることが多く、根本的な治療にはなりえないことが多かったです。私も専門家というわけではないので、偉そうなことは言えませんが。あがり症克服を専門として活動されている、金井英之さんという人物を知ることができました。

参考サイト 金井英之 あがり症改善法

スピーチの講義やセミナーなどもやっている方です。あがらずに大勢の人の前でスピーチができたらいいですよね。ボクは結婚式のスピーチとか無理です。やったことないですしね。あがり症関連の本もたくさん書いているので、ボクが知らなかっただけで、あがり症に関しては有名な方のようです。これだから、無知というのは困ります。あがり症の悩みを持つ者としては、金井英之さんを知れてよかったと思います。金井英之さんが監修している、あがり症克服法の教材もあるのですが、値段が高いので、金井英之さんの書籍から読んでみることにします。おそらく、コーチングやメンタルトレーニングの手法を取り入れているのでしょうね。やはり、話し方のプロに習うのが一番の方法です。まずは、書籍から読みはじめてみようと思います。あがり症を克服するためには、着実にステップをふむ必要があると考えています。

漢方でメンタルケア

どうも、ヒデユキです。このブログも第3回目を向かえることができました。本日も深い悩みの話です。ボクとしては、あがり症のことを多くの人に理解してもらいたいのです。あがり症は赤面症という名前が使われることがあります。また、総称としては社会不安障害に該当するみたいです。具体的な症状としては、顔が赤くなる、手足のふるえ、声のふるえ、大量の発汗などがあります。あがり症だけでなく、対人恐怖症も社会不安障害ですね。うつ病に効果的な漢方があるように、あがり症にも漢方薬が有効とされています。不安を和らげる効果が期待できる漢方としては、抑肝散や甘麦大棗湯、柴胡桂枝乾姜湯などがあるそうです。漢方は薬ではないので、一定期間は服用を続けて様子を見る必要があるみたいですね。ボクは漢方を飲んだことはないですけど、あがり症が少しでも緩和されるのなら、方法としてはありかなと思っています。漢方薬の服用は費用がかかりますが、仕方がありませんね。ネットで探してみたところ、亀田利三郎薬舗の六神丸という漢方もありました。六神丸のセンソ(蟾酥)という成分は精神を安定させる働きがあるで、あがり防止の効果が期待できるそうです。自律神経系に作用して、交感神経を抑制して、副交感神経を興奮させる効果が期待できるようです。五臓六腑にカメロクの六神丸、昔からある家庭薬みたいですね。正露丸みたいなイメージでしょうか。思い切って、六神丸を飲んでみようかな。価格は18粒入り2000円とは高いですよね。

あがり症とコーチング

どうも、ヒデユキです。今日も緊張マックスで1日を過ごしました。精神的な疲労感でいっぱいです。前回は、あがり症にコーチングが有効ではないかという話を少し書きましたが、その後にネットでいろいろと調べてみました。ヤフーで「コーチング あがり症」と検索したら、あがり症を改善するコーチングやメンタルトレーニングがありましたよ。やっぱりかという感じです。あがり症は精神面と密接に関係があると思うので、コーチングのアプローチは存在するみたいです。あがってしまうのは、神経系統の問題もあるとは思いますが、精神的な緊張が神経に作用するのは間違いないので、メンタルトレーニングも重要性は高いと考えています。ボクはメンタルが子供の頃から、内気でメンタルが弱いんですよね。正直に言うと、コーチングとメンタルトレーニングの違いはよく分かっていません。NLPトレーナーなんてものもありまし、これから調べて、理解するように勤めます。渡邊千里のコーチングブログというブログがあるのですが、2014年で更新が止まっています。あがってしまうのを防ぐシンプルな方法としては、深呼吸が効果的と書いてありました。よくある方法ですが、緊張を沈めるのに確かに効果はあると思います。スピードコーチングというサイトでは、あがり症を改善するコーチング的考え方として、リフレーミング、肯定宣言(アファメーション)、承認(アクノリッジメント)という要素で解説していました。また、メンタルトレーニング石井塾というものも発見しました。一言に、あがり症克服のためのコーチングといっても、いろいろあるみたいですね。まだまだ勉強が足りません。

営業マンの悩みごと

さて、ブログも開設できたことだし、軽く自己紹介でもしておきますね。名前はヒデユキといいます。昼は営業マン、夜はただの変態です(笑)昼も変態じゃないかという疑惑はさておき、都内で会社員をしているアラサー男子です。仕事は営業をしているのです。営業で外回りをして、会社に戻ってからさらに事務処理があったりするので、帰宅するのは夜遅くになります。なので、ブログの更新は不定期になるかと思います。始めたばかりなので、読者さんもいないでしょうから、ほとんど独り言ですね(笑)自分でボケて、自分で突っ込みを入れるみたいな文章が続くかと思います。それでですね、ボクは営業の仕事をしていて、プレゼンや会議の機会が多いのですが、実をいうと、あがり症なんですよ。どもってないだけマシかなと思っています。あがり症は病気ではないと思います。あがり症とは大勢の人前で話すときなど、あがってしまうという症状です。緊張が原因なのかもしれませんし、意識の問題かもしれません。自意識過剰とも言いますね。話し相手は特に気にしていないのに、自分は相手の評価や印象を気にしてしまうのです。意識改革が必要と思うのですが、どうすればいいのか分かりません。ひょっとしたら、コーチングやカウンセリングなどが有効かもしれません。あがり症を克服するには、第三者の力が必要かなと感じています。インターネットで、コーチングについて調べてみようと思います。カウンセリングはイメージしやすいですが、コーチングについては、ほとんど無知なのです。コーチングの資格やセミナーがあるみたいですね。