あがり症とコーチング

どうも、ヒデユキです。今日も緊張マックスで1日を過ごしました。精神的な疲労感でいっぱいです。前回は、あがり症にコーチングが有効ではないかという話を少し書きましたが、その後にネットでいろいろと調べてみました。ヤフーで「コーチング あがり症」と検索したら、あがり症を改善するコーチングやメンタルトレーニングがありましたよ。やっぱりかという感じです。あがり症は精神面と密接に関係があると思うので、コーチングのアプローチは存在するみたいです。あがってしまうのは、神経系統の問題もあるとは思いますが、精神的な緊張が神経に作用するのは間違いないので、メンタルトレーニングも重要性は高いと考えています。ボクはメンタルが子供の頃から、内気でメンタルが弱いんですよね。正直に言うと、コーチングとメンタルトレーニングの違いはよく分かっていません。NLPトレーナーなんてものもありまし、これから調べて、理解するように勤めます。渡邊千里のコーチングブログというブログがあるのですが、2014年で更新が止まっています。あがってしまうのを防ぐシンプルな方法としては、深呼吸が効果的と書いてありました。よくある方法ですが、緊張を沈めるのに確かに効果はあると思います。スピードコーチングというサイトでは、あがり症を改善するコーチング的考え方として、リフレーミング、肯定宣言(アファメーション)、承認(アクノリッジメント)という要素で解説していました。また、メンタルトレーニング石井塾というものも発見しました。一言に、あがり症克服のためのコーチングといっても、いろいろあるみたいですね。まだまだ勉強が足りません。